2015年4月22日更新

研究助成




 

過去の課題研究助成金採択者一覧

平成 28年度

【課題研究の部】
該当なし

平成 27年度

【課題研究の部】
「学習者からみたダンス学習の意義および価値に関する研究」栫 ちか子(鹿屋体育大学非常勤講師)

平成 26年度

【課題研究の部】
「高校生の日常的な運動行動に及ぼす体育授業における動機づけ雰囲気の影響」中須賀 巧 (福山平成大学)

【一般研究の部】
該当なし

平成25年度

【課題研究の部】
該当なし

【一般研究の部】
「中学生年代における部活動とクラブチームの関係性に関する社会学的研究 −教育的意義から−」 立木宏樹(九州保健福祉大学)
「スポーツ・コミットメントを形成する要因について −中高年のスポーツ参加を対象とした検討−」 萩原悟一(九州工業大学大学院)
「サッカー選手におけるボールを蹴る方向の事前提示の有無がボールキック動作に及ぼす影響」 水谷未来(鹿屋体育大学大学院)

平成24年度

【課題研究の部】
「高齢者2次予防事業におけるソーシャルサポート介入が運動継続およびメンタルヘルスにおよぼす影響」
荒井 久仁子(九州大学大学院)

【一般研究課題の部】
「“過渡期”を迎えたスポーツ行政機構をめぐる『揺らぎ』の諸相」

谷口 勇一(大分大学) 

平成23年度
【課題研究の部】
「大学体育実技授業におけるeラーニングシステムを用いた予習および復習が学生へ及ぼす効果―バレーボールを対象として―」
田中 裕己(鹿屋体育大学)

「大学体育における“楽しさ”の構造と運動習慣との関連性―“楽しさ”を観点とした授業内容の本質的側面の再考―」
田原 亮二(福岡大学スポーツ科学部)

【一般研究課題の部】
「認知トレーニングシステムにむけた基礎研究」
今村 律子(福岡大学スポーツ科学部) 

平成22年度
【課題研究の部】
「音楽が自己選択ペースでのランニングに及ぼす生理心理的効果」
斉藤 篤司(九州大学)

平成21年度
【課題研究の部】
「小学校環境を用いた子どもの身体活動推進のための介入プログラムの開発と実践」
藤原 大樹(九州大学大学院人間環境学府)

【一般研究課題の部】
「スポーツチームにおけるチームパフォーマンス予測モデルの研究」
河津 慶太(九州大学大学院人間環境学府)

「大学体育における知識・能力の形成」
笠井 妙美(東海大学体育学部)

平成20年度
【課題研究の部】
「動機づけビデオが集団競技選手に与える心理的効果 ―集団効力感からの検討―」
永尾 雄一(国立スポーツセンター) 河津 慶太(九州大学大学院人間環境学府)

「一流ウインドサーフィン競技者の形態および体力特性」
藤原 昌(鹿屋体育大学大学院) 平野 貴也(名桜大学) 山本 正嘉(鹿屋体育大学)

平成19年度
【課題研究の部】
 該当なし

【一般研究課題の部】
スポーツのジェンダー適性とメディア・イメージに関する研究
 山本 教人(九州大学)

平成18年度
【課題研究の部】
「障害者バドミントン選手におけるモチベーションビデオの事例研究」
申請代表者:山崎 将幸(九州大学大学院)
共同研究者:永尾 雄一(九州大学大学院)

【一般研究課題の部】
「野外活動の内容、方法とコミュニケーションスキルの関係に関する一考察」
申請代表者:渡壁 史子(山口短期大学)
共同研究者:柳 敏晴(名桜大学) 西田 順一(九州大学大学院)

平成17年度
【課題研究の部】
「農山村生活者の生活構造と総合型地域スポーツクラブのあり方に関する研究」
 後藤 貴浩(熊本大学)

【一般研究課題の部】
「非監視下のウォーキング継続化のための介入プログラムの開発」
 村上 雅彦(九州大学大学院人間環境学府)

平成16年度
「対人コミュニケーション能力の支援を意図したスポーツ活動の実施が社会的スキルおよびQOL、孤独感に及ぼす影響」
 西田 順一(福岡大学スポーツ科学部)

「中高年登山者の登山時の血圧動態の検討 ―登山事故防止を目的として―」
 斉藤 篤司(九州大学健康科学センター)

平成15年度
「中高年女性の水中歩行における血圧応答に関する研究」
 上田 毅(福岡県立大学人間社会学部)

「身体障害者における自尊感情向上を意図した運動プログラムの開発と実践」
 内田 若希(九州大学大学院人間環境学府)